開催への思い

恵まれた国、日本

日本には誇るべき歴史と文化、美味しい食べ物、そして美しい四季を伴う豊かな自然があります。また経済大国としての豊かさと便利さを享受しながらも、それでいて世界最高の治安も維持しています。このような素晴らしい国に生まれ、生活できることはとても幸運なことです。

閉塞感が広がる社会へ

ところが現実は、バブル崩壊やリーマンショック以降の企業での仕事は熾烈(しれつ)を極めています。会社からのより大きな期待に応える責任を果たすために眼前の緊急事項に追われながら、その上、更に変革やイノベーションをしなければなりません。何とか少しでも早く良い結果を出すために毎日遅くまで、または週末も働き続けるのです。そうして積み上げられたプレッシャーは、部下や上司への不満となり、組織内(または時には社会)に閉塞感を生み出しています。この雰囲気は家庭や教育の場にも広がり、最も敏感な子供たちもその影響を受けてしまっているようです。

また、近年私たちが経験した大震災は、物質的な豊かさが「幸せ」につながらないことに多くの人に気づきをもたらし、仕事や生活スタイルを変えて行こうと努力をする人も多く出てきています。しかし、現実生活の雰囲気や習慣を経験しながら自分の人生を変化させることを決意し、持続し続けるのは誰にとっても難しいことです。

nzredesign001

枠を外して独自の人生をデザインする時

私(津村)は個人的に娘の人生の変化に向き合ってきました。彼女は不登校で長く苦しんだ後、藁をもつかむ思いでニュージーランドへの母子留学を決意しました。留学当初は不安で表情もこわばっていましたが、少しずつ新しい人、自然、生活スタイルに触れる中でこれまでの自分を苦しめていた日本での思考習慣に気づき、枠を外すことができました。それが彼女を楽にしたようで徐々に笑顔を取り戻していきました。

娘が再び輝きを取り戻せたのは、日本社会が持つ、見えない「これが当たり前」という思考の枠に気づき、自然と温かい人との交流の中で育まれ、独自の新しい生き方を自分で見つけることができたからです。これは大人にとってもこれまでの環境を離れて枠を外す経験が必要だと思います。

nzredesign002

2020年ニュージーランドで人生のリデザインをしましょう!

このプログラムは2020年、自分の人生をリデザインして、新たな人生を出発したい方のために作りました。

このプログラムは必然とも思える偶然の出会いに助けられて、ニュージーランドの地で三人のプロフェッショナルが協働することで生まれました。

一人目は、組織心理学をベースに個人と組織の変容を支援する変容コーチの津村 英作、二人目は、サステナビリティ(持続可能性)の視点で人・組織・社会づくりを支援するコンサルタントの東 嗣了(ひであき)、三人目はニュージーランドに在住し、ナラティヴ・アプローチを専門とする臨床心理士の国重 浩一です。この三人が協力して、個人が本来の輝きを放つ「躍動の場」を提供し、人生のリデザインをお手伝いします。

ニュージーランドという、日本とは違うゆったりした時間の流れ、観光地化されていない素朴な自然、健康を大切にするライフスタイル、自由を尊重した上での緩やかなコミュニティー感覚を持った人たちとの繋がりを通じて、こころのサステナビリティを高め、自らの新しい人生をリデザインしましょう!

コース概要

Concept

枠を外して独自の人生をデザインする

 このプログラムは、自分の人生をリデザインして、新たな人生を出発したい方のために作りました。

 

三人のプロフェッショナル

 このプログラムは必然とも思える偶然の出会いに助けられて、ニュージーランドの地で三人のプロフェッショナルが協働することで生まれました。

  このプログラムは必然とも思える偶然の出会いに助けられて、ニュージーランドの地で三人のプロフェッショナルが協働することで生まれました。  一人目は、 ニュージーランドに在住し、 キャリア教育と組織心理学をベースに個人と組織の変容を支援する変容コーチの津村英作、二人目は、サステナビリティ(持続可能性)の視点で人・組織・社会づくりを支援するコンサルタントの東嗣了(ひがし・ひであき)、三人目はニュージーランドに在住し、ナラティヴ・アプローチを専門とする臨床心理士の国重浩一です。この三人が協力して、個人が本来の輝きを放つ「躍動の場」を提供し、人生のリデザインをお手伝いします。

 

ニュージーランドという環境

 ニュージーランドという、日本とは違うゆったりした時間の流れ、観光地化されていない素朴な自然、健康を大切にするライフスタイル、自由を尊重した上での緩やかなコミュニティー感覚を持った人たちとの繋がりを通じて、こころのサステナビリティを高め、自らの新しい人生をデザインしましょう! 

 

 

 

This is for you

☆ 時間的、空間的にこれまでと違った環境に身を置き、対話を通じて仕事/人生の考え方の転換を図りたい方

☆ 人と自然と自分との対話からの刺激を通じて内なる充足感を再発見したい方

☆ 2020年を全く新しい形でスタートしたい方

☆ 毎日忙しい生活の中で、自分の生きがい、やりがいが見えにくくなっている方

☆ 日常の生活の中でもっと心身の健康を増やしたい方

☆ ネット環境、情報環境から一旦離れて、自分自身の内なる知恵、声に耳を傾けたい方

☆ 無邪気な子供のように笑って、遊んで、楽しむ時間が欲しい方

☆ 自分が本来持っているやさしい感情、愛情を再発見したい方

☆ 我々の意識にある「制限」、「思い込み」に気がつき手放して、「自ら選択」して生きたい方

☆ 手つかずの偉大な自然に抱かれて、元気なパワーをもらいたい方

参加者からの声

「幸せ」がキーワード

大事にしたいと思っているのかが、はっきりしました。 私にとっては、「幸せ」がキーワードなんだなとわかったこと。ポイントがわかったことで、未来のイメージが澄んできました。 これは、滞在中の様々なプログラムを通して、そして、皆さんとの対話を通して、気づくことができたと感じています(一人の時間で気づいたのではなく)。ユニークな面あり、真面目な面ありの絶妙なバランスの中で、根本のところに、ぐっとせまることができた一週間でした。

ニュージーランドのあの環境の中だからこそ

ニュージーランドのあの環境の中だからこそ、自然の中にいるだけで、閃く、確信するものがあり、安心感に包まれた感覚になりました。この感覚をキープしていこうと思っています。 また、念願の幼稚園の見学に行くことができて、保育に関するたくさんの大切な学びを得ることができました。これからの仕事の方向性も見えてきました。 そして、5日目には、プログラムや自分に真剣に向き合うことも大事だけれど…皆さんと一緒にいること自体が楽しいと感じました。 皆さんと出会えたこと。に、大きな意味がきっとあるんだろうなと感じています。

見える世界が180度変わった

素晴らしい聞き手の方々に恵まれたことと、ニュージーランドの大自然、現地の人たちとの触れ合い、ホスピタリティ溢れる毎日の食事が相互に作用して、帰国してからも【見える世界が180度変わった】ということと結びついています。

大海原へ打って出るパワーを得ることができた

職務上「ミスは絶対に許されない」という状況の中で、いかに自分が減点主義になっていたかという点に気が付くことができました。これまでの点数マインドから脱却して大海原へ打って出るパワーを得ることができたと感じております。

ここからいろいろなものが動き出している実感

意味としては明らかにここからいろいろなものが動き出している実感があります。今年は40年にわたる仕事人生の総決算の年ですし、会社を卒業して次のステージに行く移行期でもあります、それぞれがこの参加を機に考え、行動し、物事が動き始めました。その意味で私には大きなイベントでした。

自分の気持ちとじっくり向き合える贅沢な時間

普段の慌ただしい生活から離れて、自分の気持ちとじっくり向き合える贅沢な時間を過ごさせていただきました。 自分はあまり自分の感情に素直ではなかったことや、自然体の心地よさ、対話の大切さなど、多くのことを学ばせていただきました。

美しい自然、ゆったりとした時間の流れ、温かい人々との交流の中で

「美しい自然、ゆったりとした時間の流れ、温かい人々との交流の中で、容易に心と体が解放され、のびのびと気持ちよく過ごせました。「自分らしくいること」を肯定される空間でワークをすることで、自分が求めていること・望んでいることがより明確になるような気がしました」

ニュージーランドの大自然と触れることによって

「やはり同じようなセミナーを受けるにしても場が大切だと実感しました。ニュージーランドの大自然と触れることによって心身が開放される感覚を得ることができました。現地の方々との交流は貴重でした」

プログラム全体が人生のストーリーに

「真摯に自分と、自分を取り巻く環境や関わる人々と向き合う事で、自分のパワーの源、アンテナの種類や方向性、本当の自分は何者で、どう在りたくて、どう生きていきたいのか、私は死に様が垣間見れた事で生き様が見え、人生の道標を再確認する事が出来ました。また、過去歴を知らない方からのアドバイスを通じて、自分を改めて客観視する事が出来、更にその確信が深まりました。死に様に走馬灯の一つに登場するであろう、プログラム全体が人生のストーリーに大きく刻まれました」

 
 
 

プログラム

2020年

1/11(土) 日本発 (移動は各自)

1/12(日) Day1 オークランド空港着、移動
オリエンテーション
心と体を整える

1/13(月) Day2 食を通じて自分とつながり解放する

1/14(火) Day3 自然の叡智から自分とつながり解放する

1/15(水) Day4 異文化を通じて自分とつながり解放する

1/16(木) Day5 新しい自分とつながり解放する

1/17(金) Day6 選択への祝福
セレブレーションディナー

1/18(土) 早朝 オークランド空港に移動
オークランド空港から出発

募集人数および費用

募集人数

9名程度

 

参加費

$3400NZドル (NZの消費税15%が含まれます)

参加費に含まれるもの:

プログラム費・宿泊費・現地移動費・食材費(ただし、アルコール類は含まれません)

含まれないもの:

ニュージーランドまでの渡航費・オプションのアクティビティ費

 

キャンセルポリシー

開催2ヶ月前まで: 参加費の20%を申し受けます。

2ヶ月前~3週間前まで : 参加費の50%を申し受けます。

3週間前~当日まで :申し訳ありませんがご返金致しかねます。

 

主催するダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランドについて

本ワークショップを企画している「ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド(DCNZ)」は、NZで正式に登録されているチャリタブルトラスト(非営利団体)です。ファシリテータを努めます国重浩一が本組織に所属しています。本ワークショップで得られた収益は、難民・移民に対する支援サービス(カウンセリングなど)の活動資金として活用させていただきます。

フィティアンガ

Whitianga

会場&宿泊施設

Place to ReDesign

NZ Life Redesign Project Team

Contact our team

参加申し込み

以下のボタンをクリックしますと、参加フォームが表示されます